2019年のオリックス展望

私は、オリックスバファローズのファンですが、
今年の理想を書きたいなぁ。と思います。

西村徳文新監督

福良淳一前監督から、バトンタッチ。

ロッテで、3位からCSを勝ち上がり、日本一を経験。

外様監督なので、数年後の田口監督までのつなぎと思う。

田口政権で優勝できるチーム作りをし、バトンタッチすると想像する。

ルール改正!

今年から、1軍登録可能選手枠が1人増えて29人になりました。
ベンチ入りは今まで通り25人です。

つまり、4人がベンチ登録から外せるわけです。
6人ローテだと、登板予定の無い先発4人を外すのがセオリー。

助っ人外国人枠

助っ人外国人枠ですが、4人まで1軍登録可能です。
野手4人や、投手4人はできません。
野手3人投手1人などの組み合わせにする必要があります。

2人ずつがバランスは良いと思いますが、野手1人、投手3人になる可能性もありますね。

現在、支配下登録されている外国人。
投手 3人
アルバース、ディクソン、エップラー

野手 3人
ロメロ、マレーロ、メネセス

基本的に投手3、野手1になるかと。

アルバース、ディクソン、エップラー、ロメロ
こちらの4人が1軍と予想します。

金子千尋、西勇輝の先発の穴を外国人で埋めると予想。
助っ人投手が不調で好調な日本人投手が入れば、入れ替えると思います。

その際は、マレーロを保険にメネセスを試すと思います。

スターティングメンバー

1 二 福田
2 遊 大城
3 三 西野
4 左 吉田正
5 右 ロメロ
6 指 メネセス (杉本or頓宮)
7 一 T-岡田
8 中 宗
9 捕 若月

ベンチ入り
伏見、山崎
安達、小島
小田、武田

1,2,3番で出塁し、4番へつなぐ。
3番の西野には、長打を求めない。出塁する。
5番に長打があるロメロを置き、4番の敬遠にも対応。
6番にも長打者を置く。7番にTさん。
8番に育成も込めて、宗。
9番は、若月。打てるようなら、8番若月9番宗。
1番へのつながりも生まれるが、9番から3番までつなぐのは少しきついか?

3番西野?と思われる方、1番の福田を9番にずらして見て下さい。
1番大城…3番吉田…6番Tさん…9番福田。しっくりくるでしょ?

西野は小柄だが、かなりの巧打者だと思ってます。

駿太、あたりもそろそろ、どうにかならないものか。

投手陣

先発(確定)
山岡、アルバース、ディクソン

竹安、東明、富山、田嶋、エップラー、榊原、山崎颯当たりで、残りの先発3枠を争う形が理想。

中継ぎ
吉田一、岸田、近藤、比嘉、澤田、山田

セットアッパー
山本

クローザー
増井

山崎福、松葉、当たりもそろそろ、どうにかならないものか。

今年は育成の1年

ミラクルが起きないと、優勝は無い。
地道に育成の1年とするか?

ファームでしっかり育てる

2軍は出場機会を大切にしたい。

1 中 西浦
2 二 岡崎
3 遊 太田
4 三 頓宮
5 一 中川
6 右 西村
7 指 比屋根
8 左 根本
9 捕 稲富

よほどのない限り、このオーダーは固定するべきだろう。
不振の1軍選手の調整などが無い限り、全打席三振でも翌日も使うべきだ。

まとめ

とにかく、強いチームになる。
少なくとも数年後には、期待を持てるチームになっている。

中島、小谷野という、生え抜きではないベテラン選手がチームを去り、
金子、西という、生え抜きエースがチームを去る。

少なくとも言えることは、実績のある選手が4人もチームを去った。
チームの雰囲気も一気に変わるだろう。これが吉と出るか凶と出るか。

私は、吉と出ると思う。今年のオリックスには、期待しか持てない。