プロ野球の順位予想をしてみた。

プロ野球もキャンプインした。
バレルが12球団の順位を予想する。

ちなみに私は、オリックスファンである。
セリーグの知識は、乏しい部分もあるので、ご容赦していただきたい。

2019年パ・リーグ順位予想

1位 日本ハム

台湾から、大王こと王柏融が加入し、オリックスから金子。
東京ヤクルトから秋吉がトレード加入。

王柏融、近藤この巧打者2人と、中田、清宮あたりの長距離砲が噛み合うと予想。レアードの穴は、問題ない。
投手陣も、上沢、有原を筆頭に、かなり充実している。栗山采配に期待。

2位 ソフトバンク

補強は無いものの、選手層は非常に厚い。
内川、松田あたりのベテラン組の世代交代が課題。

投手陣も、岩崎、サファテが復帰したら、ブルペン陣も強固なものになる。

3位 オリックス

贔屓目に見ても、期待しか持てない。
主砲・吉田正尚の前にどれだけランナーを貯めれるか。
4番を挟む3・5番も重要だが、一気に若返ったチームには、夢と希望しかない。

投手陣も西・金子の穴はでかいが、やりくり次第では、どうにでもなる。
昨年リーグナンバー1防御率は今年も健在だと思う。

投打が噛合い、守り(投げ)勝つ野球を軸になるだろうが、杉本、頓宮あたりの長距離砲にも期待したい。

4位 埼玉西武

昨年、壊滅的状況だった投手陣から菊池雄星がメジャー移籍。
3番のクラッチヒッター浅村も楽天へ移籍。投打の柱が抜けたが、
打撃は秋山、山川、森でなんとか得点は取れると思う。
投手陣がどうなるか、打ち勝つ野球も限度がある。

5位 東北楽天

浅村の加入も、浅村の前後の打者のインパクトに欠ける。
昨年の成績は、秋山、源田、浅村、山川の打順だったから。

則本、岸の2枚看板で貯金が作れても、限界があると思う。

6位 千葉ロッテ

本拠地での失点が増えると予想。
今年、外野フェンスの改修で最大4mホームベースからの距離が縮まった。

ホームラン打者の少ないロッテで、グランドを狭くしたメリットはなにか?
被本塁打率は増えると思う。その分、本塁打が増えるかと言われると謎だ。

安田、藤原あたりが、成長する数年後が楽しみな球団。

2019年セ・リーグ順位予想

1位 ヤクルト
2位 広島
3位 横浜DeNA
4位 読売
5位 阪神
6位 中日

セ・リーグの順位予想は自信がない。