いよいよ開幕!西村オリックスの野球。

ついに今週末に開幕を迎えるプロ野球。
我が、オリックス・バファローズは西村新監督が舵を取る。

オープン戦も終え、いよいよ開幕モードが高まってきた。

開幕オーダー

二 福田
中 西浦
指 メネセス
左 吉田正
三 頓宮
右 小田
一 マレーロ
捕 若月
遊 安達
投 山岡

オープン戦の終盤は、開幕を見据えたオーダーを組むことが多い。
ほぼ、このオーダーで1年を戦いたいという西村監督の意気込みが現れていた。

キープレーヤー

若手の西浦、頓宮をどこまで我慢して使えるか。
間違いなく将来のオリックスを担う2人なので、中途半端な起用は避けていただきたい。

■西浦颯大
高卒2年目の外野手。
オープン戦の打率はかなり悪いが、打撃内容は悪くは無いと思う。
しっかり、打ち返せる能力はあった。あとは、三振を減らしたいところ。

打率の割に、打点がしっかり稼げているのは、評価できる。
西浦の守備に関しては、問題ないだろう。安定している。

内容によっては、2番から外れることもあるかもしれないが、結果が出なくても使い続けないといけない選手の1人。

西浦が独り立ちすれば、オリのセンター事情は今後10年安泰。

■頓宮祐真
大卒の長距離打者。
今まで未経験のサードの守備には、少し目を瞑る必要がある。

守備で足を引っ張ることが多々あるのは、容易に予想できる。
だが、魅力的な打撃でカバーできる可能性も大いにある。

吉田正尚との和製大砲コンビが楽しみ。

年間通して出場することも予想できる。
.265 20本 70打点くらいの結果を十分に残せるポテンシャルはある。

最後に

今年こそ。叶うべき夢の先へ。